銀行融資とキャッシングの違い

お金を借りる時に様々な方法があるわけですが、
しっかりとそれぞれの特徴を掴んでおくなら非常に賢くお金を借りることができます。

金利の低い銀行融資

まずお金を借りるといえば馴染み深い銀行ですが、
銀行融資の特徴は担保を前提に融資するという点です。
ですから、必ず保証人、もしくは担保が必要になってきます。
加えて、それを審査し確かめる必要があるため、審査時間に時間がかかってしまうこともあります。

しかし、審査をしっかり行い、担保もあることにより銀行は安心して融資を行うことができます。
つまり、その分金利を低くすることができます。また毎月決まった金利なので
計画が立てやすいメリットもあります。
そして銀行融資は目的別ローンの場合は使い道が限られてきます。

マイカーローンなら車のことに、マイホームローンなら家のことのみといった具合です。
また借り入れられる金額も大きいので、安心して利用できます。
ですから、不動産や担保とするものがある、親族が保証人になっても全然かまわないという場合は
金利がかなり低めの銀行融資を申し込むのが賢い方法です。

スピードならキャッシング

キャッシングは、無担保でお金を借りることができます。
つまり担保にできるものがないとしても問題なくお金を借りられるのです。
担保がある場合はどうなの?という疑問に関しては良い方は悪いのですが
担保物がある場合の貸倒れであるように担保を回収される形になります。
だからといって返さなくていいというわけではありませんからね。
ただ、その分身近な金融商品となります。また最大の魅力は融資を受け取るまでの時間となります。

審査を受けてから融資を受け取るまでにキャッシングなら一日とかかりません。
緊急にお金を必要としている、何とか今日中に処理しなければならないというときは、
キャッシングを利用するのが賢い方法です。

また今は店頭に出向かなくても、インターネットを使っての申し込みも可能なので、
もしお金を借りるのを誰にも知られたくないといったときはキャッシングです。
キャッシングは金利に関しても日割りでの支払いになるので、もしキャッシングしてすぐに
お金を返せるのであればかなり安い金利で利用することが可能です。

自分の状況に合わせてよりニーズに合ったものを選ぶことができます。
銀行融資にはならではのメリットが存在し、キャッシングにもならではのメリットが存在します。

COPYRIGHT© 2013 お金が今すぐ必要!! ALL RIGHTS RESERVED.